よく見かけるようになったビッグスクーター

最近、250ccのスクーターをよく見かけます。排気量の大きいスクーターのことをビッグスクーター、略してビクスク、BSなどと言うようです。 シート下に収納があったり、大きめのシールドで防風がしっかりしていたり、オートマなので操作が楽、など様々な長所があるので人気があるようです。

私は50ccのスクーター以外乗ったことがなかったのですが、先日大型2輪免許の教習で、カリキュラムの1つとして少し運転しました。いや、びっくりしましたね、運転が難しい。

大型2輪教習なので乗ったスクーターは650cc。大きいし、重いし、サスは柔らかいし。おまけにタンクがないのでニーグリップができない。腕だけで操るのは難しい重さです。ゆっくりまっすぐ走るならまだしも、スラロームや1本橋はかなり困難でした。

Leave a Reply